貸事務所でコスト削減できる【優れた環境を整える】

記事リスト

立地が重視されます

オフィス

スペースの効率化です

貸し会議室を利用する企業が増加しています。その代表的な企業は店舗、支社、営業所などを全国に展開している場合であって、定期的に全国の責任者などが出席する会議を開催する企業です。例えば、月次で全国に展開している店舗の店長会議を開催する企業の場合、月に一度の会議のために自社で会議スペースを常時確保するのは、自前の建物であっても、賃貸の建物であっても、無駄なスペースになります。月に一度の会議以外に使うこともないスペースを常時用意することは経費の無駄になります。この例のような会議に利用するスペースとして貸し会議室を利用する企業が増加しています。貸し会議室の立地は全国から参加者が集まることを考慮すると交通の便が良い場所になります。東京駅の周辺が人気があるのは当然であって、新幹線で会議に参加する人はもちろん、飛行機で羽田空港を利用する人にとっても、東京駅の周辺へのアクセスは良好です。東京駅周辺のオフィスは賃料が高いので貸し会議室の需要が高い一方で、供給は限定的です。建て替えが決定しているビルで建て替えまでの一定の期間に限定して貸し会議室を運営している会社に賃貸しているような物件があります。東京駅から徒歩圏であっても、建築から年数が経過しているビルもありますので、そのような物件が貸し会議室として利用されています。株主総会などにも東京駅周辺の貸し会議室は利用されており、株主の交通利便性を考慮しながら、企業としてもスペースの効率化を実現しています。